知っておきたい就職支援サービス

スポンサーリンク

就職情報サイトやエージェントと併せて活用しよう。

知っておきたい就職支援サービス
就職活動に役立つ支援サービスを紹介。就職情報サイトやエージェントと併せて活用すれば、後悔のない就活ができるはず。

ビズリーチ・キャンパス

ビズリーチ・キャンパス
学生と社会人OB/OGを繋ぐ大学別のOB/OG訪問ネットワーク。ユーザーのプロフィールをもとに作成される人物リストから、目的に合致するOB/OGを選び「話を聞きたい」ボタンを押すだけで訪問依頼ができる。依頼後の日程調整も簡単なので、キャリア形成を後押ししてくれる先輩たちとの出会いが期待できる。

ビズリーチ・キャンパス

ニクリーチ

ニクリーチ
ビズリーチが展開するスカウト型就活サービス。ユーザーからアプローチした企業が興味持った場合は食事付き(ニク限定ではない)のスカウトメールが届く。採用担当者と食事をしながら仕事とキャリアについてじっくり話をしてみよう。2018年卒の学生の登録数は約5万2,0000名。導入企業は約130社。

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる
ニクリーチ


ココリク

ココリク
リクルートやネオキャリア、マイナビをはじめ、さまざまな就職エージェント会社に所属している新卒生向けキャリアカウンセラーの比較サイト。キャリアカウンセラーとの出会いは運次第というところもあるのでなかなか思い通りにいかないが、就活はその後の人生を左右するもの。マッチングの可能性を少しでも高めたいなら利用登録をしておこう。

新卒就活エージェント比較サイト【ココリク】

みん就(みんなの就職活動日記)

ん就(みんなの就職活動日記)
楽天が運営するクチコミ就職サイト。有名企業内定者の体験記(約9万2,000件)、内定者の志望動機(約12万件)が閲覧できるほか、有名企業の採用情報&締切速報を掲載したメルマガを無料で購読できる。雑談用掲示板もあるので就活の悩みも気軽にしてみよう。

みん就(みんなの就職活動日記)

みん就インターンシップ

みん就インターンシップ
クチコミ就職サイト「みんなの就職活動日記」のインターンシップ限定版。先輩たちのインターンシップ体験記やインターン募集情報が無料で閲覧できる。インターンシップの目的やメリット、ESの作成方法などのノウハウ関連記事も充実している。

みん就インターンシップ

みん就スカウト

みん就スカウト
プロフィールを見た企業からスカウトメール(特別選考案内、説明会優先案内など)が届く逆求人型サービス。プロフィールは一問一答式。自己PRやES、写真・動画をアップする必要がなく、何度でも更新できる。就職情報サイトのオープンを待たずに就活をスタートできるメリットもある。

みん就スカウト

キミスカ

キミスカ
インターン実績・就活の進行状況を専用ページに入力すれば、新卒採用を行っている企業の人事担当や経営者から直接オファーが届くスカウト型就活サービス。2018年卒の学生の登録数は約5万2,000名、総スカウト数は約159万8,000通に達している。

キミスカ

JOBRASS新卒

JOBRASS新卒
プロフィールを登録(作品や動画もアップできる)すると新卒採用を実施している企業から「当社の試験を受けてみませんか?」とオファーが届く、逆求人型の就活サービス。専任エージェントによる新卒紹介サービスも受けられる。

JOBRASS新卒

インターンナビ

インターンナビ
運営は東京・渋谷のIT系ベンチャー企業(株)ユナイテッドウィル。「面接主義の採用フローをインターン主義に変える!」をコンセプトに、インターンを受け入れたい企業と学生のマッチングを行っている。

インターンナビ

Vorkers(ヴォーカーズ)

Vorkers(ヴォーカーズ)
現在もその会社に在籍中の社員と、実際に仕事をした経験のある元社員の声・410万件を集めたプラットフォーム・サイト。企業の本当の魅力や弱点は就職情報サイトに登録し、会社説明会に参加するだけでは見えてこないもの。各企業の仕事とキャリアに対する理解を深めるために役立てたい。

Vorkers(ヴォーカーズ)

unistyle

unistyle
総合商社、外資系コンサルをはじめ、有名企業・人気企業の内定者・選考通過者が作成したES約1万4,000枚と選考に関するレポートを掲載。「しっかりと準備をして納得のいくまで就活をしたい」と考えている人は役立つ記事がたくさんあるはず。

unistyle

就活ノート

就活ノート
実際に就活を行っている200名以上の学生が匿名ライターとして参加し、等身大の就活情報や選考レポートを公開。面接試験や内定辞退時における採用担当者の常識では考えられないような言動・振る舞いについてのレポートもあり、就活を始める前に読んでおけば良くも悪くも覚悟ができそう。

就活ノート

学生のためというよりは、企業のためのサービス

入社1~2年目の社員を取材して就活について振り返ってもらった時、こうした就活支援サービスを利用したことが決め手になったという話を聞く機会はまだまだ少ないのが現状ですが、これだけ多様なサービスが登場するのはニーズがあるからこそ。「大手の人気企業にとらわれることなく後悔のない就活がしたい」という学生が相当数いることも確かでしょうが、どちらかといえば現状は、「企業が優秀な人材を確保するために試行錯誤しながら進めている手段のひとつ」と言えそうです。

<肉を食べながら企業と出会える就職支援サービス!>


※掲載している情報・データはすべて2018年4月10日現在のものです。最新の内容は各社の公式Webサイトでご確認ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする